スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月20日 [日]

狼の打ち手について

狼が勝ちを得るためにあらゆる打ち手が試行錯誤され、
村をだますために狼たちはいろんな努力をしている。


しかしふと思った。今までのやり方は間違っていたのではないかと。
結論からいってしまえば
「やりづらいと思っている方法を無理に使う必要はないんじゃないか」ということ
できもしないことを無理にやってバレ、結局負けというのではせっかく講じた打ち手が無駄になってしまうというもの。

得意な種類の打ち手でバリエーションを増やしていけばいいのではないかという考え。
どうにも村人の推理方法は順序を踏んでいくのに対し、
狼の打ち手は背伸び背伸びって気がする。コイツもステップ踏んで、段々別な戦法を覚えていけばいいんではないかい。

とりあえずひとついえるのは狼はもぐるより騙りのほうが楽。圧倒的に。

2010年05月20日 [木]

人狼初心者の方は

skype人狼においては同じ6分間や7分間の議論時間でも言いたいことを口にしてすぐいえてしまうため
議論の内容はチャットより長く、濃いものになる。

この議論時間において初心者は狼を見つけるor自分が村だとアピールするために何かをしないといけないわけだが
そのために何をしたらいいかわからない、という方が多いのではないだろうか。
結果ステルスになり→判断がつかないステルス吊り となりやすい。

まぁ順を追って、吊られるのがいやなら吊られない発言を覚え、セオリーを覚え、とやっていくのが経験値
のたまる順序ではある。

とはいえ闇雲に参加し、何が基本なのかわからないままただただ進行するというのも
人によっては必要なステップを抜かしてしまい、推理が斜め上になってしまうこともあるものだ。

なんとなく村の進行に従うだけではなく、何故その進行を取っているのか理解できるようになれば
かなり進行の意図が見えてくるようになるはず。

具体的にどうしていけばいいか、それは長くなりそうなので後述。

2010年04月19日 [月]

普通村ログ

http://jinrou.dip.jp/~jinrou/kako/75578.html


このスタンスいいな。生き残れる。長く生きて投票を見ないと狼見極めづらい俺にとって
長生きできる戦術というのはなかなか性に合ってるもんだと思う。

潜伏狼がわりと分かりやすかったのでよかったが、最後はちょっと安牌とろうとするあまり
ちょっと冷静に周りを見ることができなかったのは反省点。

2010年04月13日 [火]

セオリーについて

セオリーは

いいとこどりだけすればいいよ。
参考になるところだけ自分のモノにすればいい。


はっきりいって、初心者にオススメできるセオリーなんてもんは限られている。
霊能2出たから両吊り(ローラー)、なんかは特に何故するのかわからないでとりあえずしておく、というのは
まったく考えを放棄した吊り方。霊能2だから両吊り、となるのではなくその背景にある
ベースとなるべき事柄を把握しなければ吊る意味がない。

っつーかそもそも狼1ぜってぇ吊りてぇなら3-2なら占い吊るだろうがよ。そっちのが確実にいんだろうが
霊能殺せば人外1確実に吊れるだろうってのが安易な考え。


まぁ何がいいたいかって言うとクソみてぇなセオリーなんて全く参考にしなくていいから自分の考えをいったらいいと思うよ。

2010年03月29日 [月]

普通村ログ

http://jinrou.dip.jp/~jinrou/kako/74546.html

普通村74546番地

狂人PP勝利。何か色々村サイドにはついてないハプニングがあったがまぁ勝利。


自分視点狂人で初日に全員同じ位置占い、初日から確定○ができる。
遅れてCOしているがハナっからここに○出すつもりだった。

霊能が突然死したので初日はほぼベグ確定の状況。ここでは狩人も狼も占いがわからず
だからといって噛みどころを遅らせると占いの真偽がはっきりしてきてから噛んでも遅い。
初日噛まれるかどうかがまず1つ目のターニングポイント。
まずここは乗り切れたが、あからさまな狂人アピールでは村人にも気づかれる。さりげない雰囲気を出せると
いいのかもしれない。

そしてもう一つ目のポイント。ここを生き残れたなら何が何でも2日以内に囲うこと。それ以上は狼にとっても余裕はない。
占い噛みきりにくる。それを阻止し、自分を吊りにもっていかせるには囲うしかない。
発言をよく注意し、囲うことがポイント。
囲うのがポイントというのは今回は3-1構成で、かつ占い即抜きにきたというところにある。

即●を出すという手段もあったが、自分視点狂狼に気づいているというのに、安易に勝負に出るのは非常にもったない。

占いベグで初日抜き。ここまでの状況で残った占いが怪しいと思いつつも吊りを遅らせる打ち手。
僕がとった手段は限界まで●を遅らせるというもの。
狼も自分の信用が厳しいことは分かっている。となると真の目があるとしたらこちら、という風にもっていく必要がある。
それには早めに囲い、狼に焦って先に●を出させ、●キープで対抗吊りに持っていくこと。
村はこちらが狂人と気づいてようが気づいていまいが、目先の狼っぽいほうを吊りたい意識が高い。

後は突然死が狼じゃないことを祈りつつ進行。グレー調整は狼は他に1吊っているという状況の元整理。

最後は狐か狼かわからないが人外臭漂っていた判断のつかない人に●出し。
うまいぐあいに狐にHITしたようで何より。

狼COはほんとはして欲しくなかったけど議論時間の残りを考えればまぁ結果オーライではあるかな。
正直二人囲ってるとは思いませんでしたが。

※ゲーム中、僕は散々怪しまれてますが、僕は囲い狂人というスタンスでいきましたのでそれでいいのです。
狐を万が一囲っていた場合僕が怪しくならないと狼が狐を把握しても吊る事は出来なくなります。
囲いのスタンスを取る場合真っぽく振舞うのではなく、真の目があるかも程度にしておくとやりやすい。
重要なのは信用を勝ち取るのではなく決めうちを遅らせることです。

まぁ一応狐っぽいと思ったところはギリギリまで占い遅らせたけども、確実じゃないしよく外すしね。

ご案内

プロフィール ▼

あざみ

Author:あざみ
人狼chに出没中。たまに配信もやります。
RO:saraサーバー
+レイチェル+[水の城]
ギルド[UNSHEATHE SWORD]のマスター

  ▼

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

著作権表示 ▼

(C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. (C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。