スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年06月20日 [日]

狼の打ち手について

狼が勝ちを得るためにあらゆる打ち手が試行錯誤され、
村をだますために狼たちはいろんな努力をしている。


しかしふと思った。今までのやり方は間違っていたのではないかと。
結論からいってしまえば
「やりづらいと思っている方法を無理に使う必要はないんじゃないか」ということ
できもしないことを無理にやってバレ、結局負けというのではせっかく講じた打ち手が無駄になってしまうというもの。

得意な種類の打ち手でバリエーションを増やしていけばいいのではないかという考え。
どうにも村人の推理方法は順序を踏んでいくのに対し、
狼の打ち手は背伸び背伸びって気がする。コイツもステップ踏んで、段々別な戦法を覚えていけばいいんではないかい。

とりあえずひとついえるのは狼はもぐるより騙りのほうが楽。圧倒的に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご案内

プロフィール ▼

あざみ

Author:あざみ
人狼chに出没中。たまに配信もやります。
RO:saraサーバー
+レイチェル+[水の城]
ギルド[UNSHEATHE SWORD]のマスター

  ▼

最近の記事 ▼

ブログ内検索 ▼

著作権表示 ▼

(C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved. (C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

ブロとも申請フォーム ▼

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。